1. TOP >
  2. 沿革

沿革

沿 革
1983年 KL-BC装置(立体網状回転装置)の開発に着手。
1985年 KL-BC装置完成。
1993年 通商産業大臣認定取得。
1996年 バチルス菌とKL-BC装置との組み合わせによる新技術AT-BCシ ステムの開発に着手、特許を申請。
1998年 実プラントに成功、事業展開の基礎を固める。
2000年 有限会社バチルテクノコーポレーションを設立、本格的営業展開に着手。
(4月・埼玉県さいたま市)
2001年 東京都中央区日本橋本石町に本店を移転登記。(7月)
2003年 資本金を10,000,000円に増資、株式会社に変更登記。(11月)
2004年 韓国・釜山市し尿処理場受注。(3500m3/D 12月)
2005年 韓国・平沢市下水処理場受注。(90,000m3/D 4月)
株式会社協和エクシオ・荏原実業株式会社と業務提携(5月)
2007年 株式会社日新技術コンサルタントと業務提携(7月)
国際特許出願(PCT/JP52007/067865)
米国,欧州,韓国,中国,香港(9月)
2009年 資本金14,000,000円に増資(7月)
野村貿易株式会社、青海潔神環境能源産業有限公司と業務提携(8月)
2010年 株式会社第一テクノと業務提携(4月)
中国杭州市生ゴミ処理場(1,500m3/d)受注(9月)
2011年 札幌営業所開設(企業提携)(4月)
2012年 米国特許取得(11月)
2013年 CIT株式会社(中国合弁・資本金3,000万円)設立(4月)
中国青海省西寧市下水処理場のAT-BCシステムによる改造受注(100,000m3/d,85,000m3/d,12,000m3/d)
2016年 一般社団法人 バチルス普及推進機構設立(2月)
  (敬称略)
主要提携先
  • 三菱レイヨンアクア・ソリューションズ株式会社
  • 株式会社スイコー
  • 株式会社 ダイキアクシス
  • 株式会社日新技術コンサルタント
  • 株式会社クォードコーポレーション
  • 株式会社 エステム
  • 荏原実業 株式会社
  • 株式会社 協和エクシオ
  • 青海潔神環境能源産業有限公司(中国)

敬称略