1. TOP >
  2. 製品情報

製品情報

AT-BCシステム

システム概要

活性汚泥法と回転生物接触法を進化させた廃水処理システムであり、バチルス菌を活性汚泥槽内及びAT-BC装置(立体回転装置)で増殖させる事によりBOD・COD・N-Hex・T-N・T-P等を効率良く除去し、更に悪臭までも除去する画期的なシステムです。 処理フローは調整槽・AT−BC装置・曝気槽・沈澱槽が標準で、沈澱槽無しで接触曝気槽、沈澱槽無しで膜ろ過システム等様々な状況に対応できます。

PDFをダウンロードする

AT-BCシステム
AT-BC装置
装置の概要

AT-BC装置は厚さ50mm直径2000mmのへちま状の接触体数枚を回転させ廃水と接触させる事により、そこに固着した微生物が有機物を60〜70%除去する目的で使用致します。 曝気槽の前段に設置する事によりBOD負荷を大幅に軽減する為、後段の曝気槽が小さくなります。 更に曝気槽に要する空気量が少なくて済む為電力費も大幅に削減できます。 余剰汚泥についても在来法に比べると約半分以下になります。

AT-BC装置
バチルス菌
菌の概要

バチルス菌とは土壌菌の一種で良質の土壌に多く生息し、烏龍茶・納豆・味噌・漬物等にも含まれます。 この菌を曝気槽に一回だけ投入し増殖させる事により、臭気成分を強力に分解すると共にBODはもちろんの事、COD・N-Hex・窒素・りん等を強力に除去致します。 曝気槽では在来の活性汚泥菌と共存し、その比率は10:1位で僅か10%位増殖させるだけで驚くような機能・効果を発揮致します。

バチルス菌
バルキング改善対策
改善策

曝暖気槽に次亜塩素を投入しバルキングの原因となる糸状菌をある程度死滅させた後、バチルス菌を1回のみ投入致します。バチルス菌を増殖させる為にはエアレーションのコントロールと微量の微生物活性剤の必要となります。

>>概要はコチラ

バルキング改善対策

AT-BCユニット

少量排水向けのユニット商品で、調整槽・AT-BC装置・曝気槽・沈殿槽を工場で製作いたしますので現場での工期はわずか4日位ですみます。(基礎工事は別途)
適用廃水量は15m3以下でBOD等の濃度により適用できない場合もあります。

AT-BCユニット

油脂分解システム

システムの概要

グリストラップ及び食品工場の含油廃水の油脂分を除去するシステムです。 グリストラップや原水ピットにグリスマジックを微量添加するだけで高濃度の油脂分を分解する為、後段の生物処理に対する負荷が大幅に軽減されます。 加圧浮上装置等をお使いの場合は薬品のランニングコスト・スラッジの処分費が大幅に削減されます。(加圧浮上は必要なくなります。)

>>概要はコチラ

油脂分解システム